私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

宮古島ダイビング 3~4日目

11月6日、宮古3日目
朝から本当にいい天気、ボートに乗る面々もテンション上がりっぱなし。
b0223953_21465869.jpg

b0223953_21483569.jpg

ポイントまでは爆笑航海でした。

4本目
「パナタ」
ブリーフィングでは大物ポイントであることの説明を受ける、
実際にエントリーすると、エアーズロックのような馬鹿でかい根のトップが視界に広がる、根のトップ(およそ水深17M)に向けて潜降すると、その雄大な景色に目を奪われた。
体長およそ50~60センチくらいのギンガメアジの大群、俗に言う「トルネード」となって視界を覆う。
b0223953_2152540.jpg

b0223953_21523573.jpg

b0223953_21545113.jpg

b0223953_21531166.jpg

b0223953_2227377.jpg



動画


その向こうには1.5Mほどのバラクーダ(オニカマス)や1Mほどのイソマグロもいる。
b0223953_21534149.jpg

20年近くダイビングやっていてこんな凄い景色は初めて。

ボートに上がってからも余韻に浸っていたけど、次のポイントの名前を聞いてさらにテンションが上がる
5本目
「通り池」
宮古島3大ポイントの一つ、なんと二日間で全て制覇してしまうというなんとも贅沢な話。
b0223953_2156120.jpg

この写真は翌日、ドライブで来た時の写真、ぽっかり空いた丸い穴は下の方で海と繋がっていて、海からエントリーして水中の穴を通り、この池に入って浮上する、というコース。
池の中は不思議なことに上部は淡水、下部は海水になっていて、浮上する過程で目の前の水の色が青から緑にグラデーションに変化していく。
b0223953_21585575.jpg

また海に戻る時には穴の向こうから差し込む光がなんとも幻想的に広がる。
b0223953_2204134.jpg

b0223953_220956.jpg


池に浮上すると観光客が上の方にいて手を振ってくれていた。

6本目
「中之島チャネル」
いよいよ最後のダイビング、ここは迷路のような水路が入り組んでいて、その水路を巡るコース。
b0223953_2234229.jpg

b0223953_22345364.jpg

b0223953_2274138.jpg

地形の複雑さ、差し込む光の美しさなど「地形の宮古」を満喫できるコース。


ボートに上がると「ああ~終わっちゃった・・・」
なんとも言えない寂しさを感じる。

宮古最後の夜はやっぱりこんなお店
b0223953_229179.jpg

b0223953_22112159.jpg


とうぜんの如くオリオンビールで乾杯、泡盛もがんがん飲んで夜は更けていく。

11月7日最終日
昼過ぎの飛行機なのでレンタカーを借りてプチ観光を。
まずはフェリ-で伊良部、下地島に渡り、旅客機のタッチアンドゴーの練習で有名な下地島空港に。
残念ながら早朝の為に飛行機は飛んでいなかった。
b0223953_22124429.jpg


b0223953_22134927.jpg

昨日潜った通り池に。
上から眺めていると、「昨日はあそこに居て下から眺めていたんだな」
なにか不思議な感覚・・・
b0223953_221643.jpg

宮古島に戻り、観光スポットで有名な砂山ビーチへ。
小さいビーチだけど、本当に綺麗な場所でした。
b0223953_22173396.jpg

最後は海中公園を見てから、沖縄にしかないファーストフードチェーン店の「A&W」で腹ごしらえ。
アメリカ人サイズのビッグなハンバーガーを食べるのも沖縄に来たら もう約束事になっています。
b0223953_22183249.jpg

b0223953_2219364.jpg

そして空港に戻り、友人とここで別れを告げて別々の便へ。
b0223953_22202240.jpg

もう暗くなってからセントレアに着いて、この旅は終わりを告げたのでした。

楽しい旅行でした、今はなんとも言えない寂しさに包まれているけれど、きっとまた行けるよね。

長々とした日記にお付き合い頂き有難うございました。
[PR]
by skohno | 2011-11-10 22:21 | ダイビング