私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春遠からじ?

やはり報告しなければ・・・

リベンジに行ってまいりました。
まずはM川

先客は一人のみ、
それにしても寒い、
かなり冷え込んだ今朝は間違いなく氷点下。
b0223953_22101089.jpg

そそくさとウェイダーに着替えじゃぶじゃぶと川の中へ・・・
ライズは・・・ある。
結構頻繁にライズリングが広がっている。
#26のミッジピューパを糸に付けてキャスト開始。

が・・・やはり解禁5日目ともなるとお魚さんたちも警戒度MAXなのか私のフライには見向きもしてくれない。
そしてガイドは凍りつきキャストもままならなくなる。

さらにネオプレーンウェイダーを持っていない私のSIMMSのG3でのウェイディングはやはり堪える。
早々に限界を感じ、上がってしまいました。

ここで続けるのはちょっと辛いなあ、と、
S観前に移動。
b0223953_22104358.jpg

先客は6~7人程。
それにしても皆さん、やはりキャストが上手い。
b0223953_22111090.jpg

釣れている人もいらっしゃいました。

ライズがぽちぽちあって、空いている場所に入らせていただく。
常時そこでライズしているわけではなく、群れでクルージングしているようだ。
私の正面にライズが来た時にキャストするが若干届かない、
あと1M・・・・
キャス練不足ですな、
シーズンに入る前の不摂生を今更嘆いたところでもう遅い。
繰り返しキャストしてもどうしても届かない。

時間がたてば近くに来るかも、と思い、一旦上がって、思いついて美濃橋を見に行きました。
b0223953_22114787.jpg

美濃橋に着くと、フライマンが2人しかいない、
さすが平日だな~!と思って車外にでると突風が吹き荒れていた。
こりゃ無理だわ、と再度S観に戻ると風向きが変わったらしく、ここも下流側から強い風が吹いていて、水面がさざ波立っていた。
釣りしている人も2人くらいしかいなくて、他の人たちは車の横で談笑している。

お湯を沸かしてお昼を食べたりして様子を見ていたけど、
風邪が収まる気配が無いので1時には諦めて帰ることにした。

さ、次次!

今日はこのくらいにしといてやるぜ!(--#)
[PR]
by skohno | 2014-02-05 22:12 | フライフィッシング

祝 解禁

最初に言っておきますが、私は解禁できておりません・・・

昨日解禁した長良川、
陽気も良く、行かれた皆さんは幸先良いシーズンインを迎えられたことと思います。
私は昨日は仕事でしたので、本日二日に長良川デビューをしようと計画しておりました。
が、一昨日、、飴ちゃんを噛んでいて前歯が欠けるハプニングがあり、午前中は歯医者に行く羽目になり、
午後からの釣りスタートとなりました。



解禁長良川の私の持つイメージ・・・

寒い

スゴイ数の釣り人

遠投が要求される

9X~10Xの極細ティペット

キャスティングめちゃ上手のエキスパートぞろい

アイに糸をとおすのが至難の技

キャストしたフライが見えない

等々・・・

へっぽこフライマンの私には高すぎるハードルでした。

まあ、それでも今年は敢えて飛び込もうとした訳ですが。

現地に着いて驚いた。
b0223953_22164513.jpg

なんじゃこのフライマンの数は!


3メートルおきに人が並び、しかもやはりキャスティングが上手い方ばかり!

とてもその中に割って入ることはできませんでした・・・

しかも折からの雨模様。
b0223953_22171560.jpg

へっぽこ&軟弱フライマンの私はしばし車の中から見学させて頂いておりました。

1時を回る頃、
どんどん人が川岸からいなくなりました、
しかも雨も止んできた。

「ラッキー!今でしょ♪」
と車から出てその訳がわかった。

雨が止んで風がでてきていた、
そして水面はしーんと静まり返る・・・・

なるほど~

ま、でも確かに今ならできるし、と#22~#26とフライを糸に付けキャスティング開始。
b0223953_22194613.jpg

しかしやはり、というか極細ティペットはすぐに絡まり難儀なことこの上ない。

水面はやはり静かなまま、全くライズなし。
b0223953_22181217.jpg

だんだん体が冷えてきてもう限界、

遅いお昼を頂き、体を温める。
b0223953_22184362.jpg

食後、再び釣りを開始するがやはりただのキャス練になっていた。
冷たい風がビミョーに吹き、
周りを見ても私よりはるかに上手い方々も釣れている様子は無く、
もうこれは日が悪いんだ、と五時前に見切りを付けて帰ることにしました。

昨日はいいコンディションだったことを思えば不運だったのかもしれませんが、
なにはともあれ今年の幕は上がったわけです。

私の事実上の解禁は後日になると思いますが、
今年もこうやって無事に川べりに立つことができたことには感謝せねばなりませんね(負け惜しみ)

あっそう!
新しい靴のインプレ!

う~ん、ごめんなさい、
やはり渓を歩かないとよくわからないです、
でも確かに脱ぎ履きはめっちゃ楽!
軽いし、これなら釣り上りも楽になるんじゃないでしょうか、
また後日詳しく。
[PR]
by skohno | 2014-02-02 22:31 | フライフィッシング