私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

悔いだらけ

今年も禁漁期に入ってしまいました。
毎年春に年券を購入して、シーズンインを期待一杯で迎え、
友人たちとの楽しい釣行、マイナスイオンたっぷりの渓で日常のストレスを解放し、
魚たちとの駆け引きを楽しんだ季節は終わりました。

最終週はどうしても抜けられない仕事があったので、先週の22、23日に〆釣行を開田に行ってまいりました。

今更のブログアップでなんなんですが、猛烈に忙しかったので・・・

今回は浜平さんとshingorouさんと三人での釣行。
私は朝の特急で開田入りしたので、11時頃に三人と合流。
早速入渓・・・・
b0223953_23225786.jpg


b0223953_23235544.jpg

「どうしたことだ!全く反応が無い!」

・・・な~んてことは言わない。

「やっぱりか~(ため息)」

先週来ていて、あまりの無反応ぶりに落胆。

台風がその間に来ていたので、コンディションがリセットされているのでは?という淡い期待は打ち崩された。

先週来た時は異常なかったのに、あちこちで一抱え以上ある杉の木がぼっきり折れていた。
b0223953_23214281.jpg

それでも浜平さんもshingorouさんも少ないながら釣り上げる。

私だけが・・・ボウズ・・・

午後には場所を変えた。

しかしやはり状況は変わらず、反応の無い川にひたすらフライを打ち込んでいく。

イブニングに期待をかけるも、魚は私のフライに見向きもしてくれなかった。

翌日は一人で西野川に。
厳しい状態が続いたが、やっと20㎝程度のアマゴがかかった!

が、完全に気が緩んでおりました。
ラインが弛んでいて、合わせられず、そのままフックアウト。

この一件で見切りを付けました。

毎年、9月は苦しんでいるけれど、今年は特にヒドイ。

来年気持ちを切り替えて再挑戦ですな。

悔しい思いを胸に、
しかし6か月間遊ばせてもらった渓に感謝の気持ちを抱きながら開田を後にしました。
b0223953_23243051.jpg

[PR]
by skohno | 2013-10-01 23:27 | フライフィッシング