私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハンパない暑さ

また金、土と開田に行ってきましたが、
うだるような名古屋駅から特急しなのに飛び乗り、
楽天地を目指して一路。
バスを降りた開田高原はうだるような暑さでした(悲)
いつもお世話になっているおばちゃんから、ここ数日の暑さにうんざり、という話や、
降りたバス停のところで三日前に熊が出た、という話を聞き、ビビリが入りながらも釣りに突入。
さすがに炎天下での釣りはイヤなので上流部のヤマトのいる渓へ。
b0223953_942085.jpg

水温はなんと8度!
さすがに涼しい!
しかし残念ながら全く魚の気配無し。
まあ、この川は難しいし・・・

お昼は開田から下って木曽福島近くの「つけもの茶屋」というお店に。
実はここのカツ丼はなにげに美味しいのです、
今回はソースカツ丼にしたけど、オススメはフツーのカツ丼。
b0223953_952637.jpg

開田ではご飯ものを食べるのに物足りない場所なので、がっつりいきたい時はここいいですよ。

午後はまた開田に戻り別の渓に。
若干反応はあるもののチビばかり・・・
この暑さでは・・・汗だくになりながらも釣りを続けていた頃に異変を感じる。

足が・・・冷たい・・・・
どうもウェイダーが浸水している模様・・・
まだ3シーズン目なのに・・・
そのうち靴の中がぐっちゃぐっちゃ言い出した。
相当漏れている模様、気持ち悪くなって一度脱いでみたら見事に水浸し。

お陰さまで戦意を喪失し、勿体ないけどイブはキャンセル。
日がまだ出てるうちからビールを煽ってしまいました。

翌日も暑さは続き、色々渓を変えるもやはりチビしか出ない。
EHCもイワイイワナも魚は銜えてくれない、
毎年この時期ならこの二つは疑いのないツートップなのに。

お昼に寄った花猿亭にて情報を聞くが、やはりこの暑さではね~・・・って
一応ヒットフライを聞く・・・・・
これかぁ~!!

持ってないや・・・(悲)

売ってくれてはいるけど、フライはやっぱり自分で巻いたヤツで釣りたいしなぁ。

さて、午後は反応ゼロで終わりました。
また電車で帰らなくちゃいけないのでイブは無し。

結局避暑にもならない二日間でした・・・
[PR]
by skohno | 2012-07-31 09:08 | フライフィッシング

越前

福井県の越前海岸にダイビングに行ってきました。
b0223953_12404923.jpg


b0223953_1241123.jpg

越前は20年前に初めてダイビングをした思い出の地。
ここ二年は行ってませんでしたが、かつては毎年かならずここで潜ってました。
だから私にとってここに来ると「夏」を深く感じさせる場所です。
b0223953_12423081.jpg

今回は昔からのダイビング仲間10名のパーティーでした、
かつてあったサークルで知り合った仲間たちとは、もうダイビングという枠だけではなく、家族ぐるみの付き合いにまでなっています。

ダイビング自体は現地ガイドさんを付けない所謂セルフダイビングスタイルで潜るのですが、もう阿吽の呼吸のごとく、お互いに全くストレスを感じることなく潜ることができます。

セルフダイビングはリスク管理など難しい問題もありますが、このメンバーなら本当に安心してダイビングを楽しむことができます、実際とても楽しい一日でした。


さ~て、今週の金、土は再び開田高原釣行です。
海もいいけど渓流もいいですよね!
贅沢な夏をすごしているなあ・・・
[PR]
by skohno | 2012-07-24 12:49 | ダイビング

本日公開

b0223953_720163.jpg

「BRAVE HERTS海猿」

2004年に初公開された「海猿」の最新続編。
当時、ダイバー仲間の間では思いっきりブームになりました、
人命救助のため、荒れ狂う海にでも飛び込んでいく潜水士たちのカッコよさにハマりました。
もちろん、普段の苦しい訓練に絶えてこその超人的なレスキュー、
そのひたむきさに男女問わず憧れ、「仙崎大輔」はヒーローになりました。

震災などでも海上保安官はクローズアップされていましたが、私たちが安心して海で仕事をしたり、遊んだりできる陰に彼らの存在があるのですね。



余談ですがこの映画に、前作に引き続いて私の友人が出演しています、
彼はもう熱烈なファンすぎて、ついに映画にまで出てしまいました。


さあ、いつ見に行こう?
[PR]
by skohno | 2012-07-13 07:38 | 日常

もうすぐ夏

金曜から日曜まで三日間の開田釣行、
(最終日は雨で釣りを諦めましたが)
初日はホームの里川へ、
梅雨の中頃だというのに、全然雨が降らないものだから驚くほどの渇水。
でも・・・
いきなりの20センチのイワナ、
幸先よいスタートがきれたと喜んでいたけど、結局この一匹のみ。
昼食を間に挟んで別の渓へ。
目の前のプールで結構大きそうなのが派手にスプラッシュライズをしている、
水面貼り付け系のフライを中心に試してみるも、無視。
思い切ってハイフロートにしてみたら一発で食った!
b0223953_2342226.jpg

朱点が目立つイワナだけどヤマトかな?
26センチでした。

御嶽山はまだ雪が残っているけど、開田の風景はもう夏のそれ。
b0223953_23121453.jpg

実は結構暑くてしんどかったので、このあとはイブニングまでお昼寝タイム。
五時過ぎにまた別の渓へ。
日没寸前、自分の周りでヒゲナガがわんさか飛び回りはじめた、
嵐のようなハッチの中、水面も騒がしくなる。
結ぶフライはもちろんEHC。
何度かフッキングしたのだけれど、ネットを差し出す前に外れたとか、くわえたのにフッキングせずに外れたとか多数のなかでネットイン出来たのは一匹だけ。
25センチイワナ。
日没後。ハッチも止んで終了。
まあ、ボーズは逃れました・・・

二日目、
朝一で入った里川はうんともすんともなし。
その後場所を変えると、見たことのあるジムニーが。
花猿亭のご主人の木曽猿氏発見。
声をかけるとめちゃめちゃ反応がいいとのこと。
残念ながら私は釣れなかったがしばし氏と一緒に釣り歩く。
b0223953_23141824.jpg

う~ん綺麗なフォルスキャストだ、見とれてしまった。
木曽猿氏が先に開店準備のため脱渓されたあとに、かろうじて一匹、21センチ。
その後花猿亭にて昼食、ここで約束していた「てれんこ^2」さんと一年ぶりの再会、
ご同行されていた「浜平」さんも一緒に午後の釣りに。
大ベテランであり、FFFのキャスティングインストラクターでもあるてれんこ^2さんからたっぷりアドバイスを頂けた。
b0223953_23145321.jpg

特にロングリーダーのトラブル回避の為の知恵には目から鱗。
本当に有難うございました。
私は結局釣れなかったけど浜平さんは自己の記録更新となられるサイズのアマゴと、同じく記録更新となられるイワナをゲットされたそうでホクホクの笑顔でした。

ベテランの方との釣行は本当に勉強となります。
いつの日か、逆に私が教えてあげることができるようになりたいものです。

まだバリバリに釣れることはないけど、キャスティングも多少は修正できるようになってきたかな、

もうすぐ大好きな真夏の開田、テレストリアル系フライをたっぷり巻いて乗り込む!
[PR]
by skohno | 2012-07-02 23:17 | フライフィッシング