私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

久々の渓は厳しかった

6月に2~3と連休で開田に泊まりで行こうと予定していたのだが、
仕事の為、諦めなくてはいけなくなった。

で、「釣りしたい」気持ちを開放させようと石徹白へ。

昨年行ってないので二年ぶりの石徹白、
平日なので釣り人の姿はちらほら。

まずは本流へ。
フッキングはしなかったけど、いきなり魚が飛びついてきた、
「お?いけるんでない~?」
しかし・・・その後もず~っと同じ状況が続く・・・
なんか完全に魚に遊ばれてる感じ。

フライを変えてみるも全く同じ。
しかし魚影の濃さはさすがの石徹白、
ここぞ、というポイントでは必ず魚がいる。
釣れないのは多分腕のせい・・・

昼過ぎは峠川C&R区間へ。
雨も降ってきたが虫のハッチが半端ない、
そこかしこでライズが。

こんなのも
b0223953_86494.jpg

手に止まったこいつを見たとき、思わず「でかっ!」

でも釣り自体は午前中とパターン変わらず苦戦、
だんだんイライラしてきてライントラブルも多発してきた。
C&Rに入って二時間ほど経ったとき、やっと待望の一匹!
b0223953_875829.jpg

流心に流したフライに綺麗に出てきてくれました。
尾びれの小さな、恐らくアマゴ園からの脱走兵君ですが、
苦労して釣り上げただけに喜びもひとしお。

この後は気温も下がり、虫の姿も見なくなってきたので17時にて終了。


相変わらずヘタッピには厳しい石徹白でしたが、休日を満喫できました。
[PR]
by skohno | 2012-05-29 08:16 | フライフィッシング

日食

名古屋で見れたのは900年以上前、という金環日食、
それが見れるとは・・・
実は中学~高校時代は天文少年でした。
カメラと望遠鏡を貯めた小遣いで買い、
天文部の仲間と星空を眺める少年時代を送りました。
そのころからあった「今後の日食予報」で2012年5月21日に自分のいる土地で金環日食が見れる、ということは知っていましたが、高校生の自分には44歳なんて恐ろしくはるか未来のように思えていました・・・(父親と同じくらいの年ですから)

んで、今日は仕事を休みにして、近所の公園に家族で日食を見に行きました。
一生に一度かもしれない、と思うと、昔の血が騒ぎました(笑)
やってきた白川公園は名古屋市科学館の袂、ということもあってスゴイ人。
中継車まで来ていました。
b0223953_19332558.jpg

ところが、まだ半分くらい欠けているはずの7時の時点では厚い雲が・・・
b0223953_1934085.jpg

ダメかなあ、と思いながら粘っているとなんと金環日食となる一分前に雲が切れて太陽が顔を見せてくれました。
まさに奇跡と言っていいほどのタイミング。
観察グラスごしの完全ドーナッツ状の太陽を見ることができました。
b0223953_19343847.jpg


b0223953_19355184.jpg

公園中で歓声も広がって・・・・この瞬間たぶん何百万人が一点を一緒に眺めていたのですね。

次に見れるのは29年後(900年見れなくてこの時代に続けて見れるなんてスゴイですが)
私は77歳、父と同い年ですが、すぐに来るのでしょう(笑)
今10歳の息子は39歳、
「小学生の時におじいちゃんとおばあちゃんと一緒に見たんだよ」なんて話しながら孫と一緒に見るのでしょうか。
[PR]
by skohno | 2012-05-21 19:38 | 日常

GWは人多すぎ

3~5と三連休頂いて、家族サービス。
家族サービスと言っても行き先は開田高原なので、
ということは勿論・・・
初日は私だけ前の夜から開田入り、
カミさんと子供はゆっくりと妻籠宿とか観光しながら夕方に開田入りしたので、
たっぷり早朝から釣りに。
天気は予報では雨だったが、なんとかもってくれました。
ちなみに開田は今が桜満開。
b0223953_2194472.jpg

小さいのばかりだが、アマゴ1、イワナ2の釣果。
b0223953_21103562.jpg

気温もだいぶ昼には上がってきたのでヤマトのいる渓へ。
b0223953_2113694.jpg

小さいの一匹だけだがヤマトが釣れました。
b0223953_21121288.jpg

b0223953_2112449.jpg

やはりGWはどこもかしこも釣り人だらけ、
午後は入渓点もなかなか定まらず高原内をウロウロ、
プレッシャーも相当高い模様。
とっておきのポイントではあたりすらなく・・・
で、家族が到着する時間頃に納竿。

二日目は家族サービスデー
だが雨。
塩尻にある「チロルの森」というテーマパークまで足を伸ばすも、あまりの人の多さに幻滅して入園すらせずに退散。
お腹すいたね、という訳で、わざわざ伊那まで戻りソースカツ丼を食おうと・・・
しかし滅茶苦茶混んでて食い始めるまでになんと2時間も待たされる!
結局時間をかなり無駄に使ってしまったので開田にすごすごと退散することになりました。

開田に帰ると5時半、
まだ明るいから「行ってくるわ~!」
と近くの渓へ。
しかし急激に冷え込んで魚の反応は全く無し!

三日目
昼過ぎには帰らなくちゃいけないので午前中だけ釣り。
しかしみるみる気温が上昇し、虫もわんさか飛んでるのに当たりすら無し。
b0223953_21141541.jpg

↑マエグロ?

汗だけたっぷりかいて惨敗となりました。

毎年のことだけど、GWやお盆はやっぱり厳しい~
素直に家族サービスに没頭しろ、ということかな?
[PR]
by skohno | 2012-05-05 21:15 | フライフィッシング