私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:フライフィッシング( 52 )

とにかく練習

今日は先日購入したロッドを持って加藤毛ばり店さんのキャスティングスクールへ。

購入後すぐに公園に持って行って一人でキャス練したがダメダメ。
高番手ロッドを扱ったことがないから、やはりちゃんと教えてもらないと!
b0223953_14435052.jpg

私を含めて五人の生徒さんが参加、場所は庄内川の河川敷。
ウェーダーを履いて川に立ちこんでやりました。
幸い暖かく、いい天気で風も弱い絶好のキャスティング日和。
丁寧なコーチングのおかげでなんとかカタチになってきました!
しかも流れている川に向かってやるので実釣みたいで楽しい楽しい!

ただ右腕が筋肉痛・・・
やはり高番手は疲れます。
[PR]
by skohno | 2012-03-11 14:45 | フライフィッシング

入口

加藤毛ばり店さん主催のソルトフライタイイング教室に行ってきました。
b0223953_1834063.jpg

冬でも楽しく釣りをやっている皆様方の様子を見て、ちょっと覗いてみようかな~って。

でも、フライ、というか釣りは渓流ONLYの私、交わされる言葉、単語もソルトの世界、??なことばかり。
マテリアルも今までは全く縁の無かったものばかり・・・・
でもやっぱり面白そう!

ライトラインの竿しか持ってないから、タックルもひと揃い買わなくちゃいけないし、フライもマテリアルを買い揃えなくちゃいけないし、現時点ではすぐに始めることは不可能です(予算的に)

でもオカッパリなら釣券もいらないしな~。
来シーズン始めれるようにお小遣いを貯めなくちゃ!
[PR]
by skohno | 2011-12-03 18:34 | フライフィッシング

シーズン終了

2011シーズンのラス釣行へ行ってきました。
〆はやはり開田高原へ。
29日10時過ぎに開田入り、
御嶽山に雲はかかっているものの、爽やかな晴天。
まずはS川へ。
台風以後、まとまった雨が無かったためか、渇水ぎみ。
竿を入れるもやはりかなり渋い。
なかなか当たりも無かったところにやっと一匹かかったが痛恨のバラシ!
悔しさに唸りながら昼食を食べるために一旦終了。

午後はN川に向かう、が!
狙っていたポイントを含め、どこに行っても釣り人だらけ。
N又川も同じ。
釣り人らしき車も何台かポイント探しで右往左往している始末。
某里川でやっと入れるポイントを見つけ入渓するも、真新しい足跡がくっきり。
やはり皆〆釣行を楽しもうと考えることは同じ様子。
気を取り直して釣りを始めるが、やはり釣れない!

しかも渇水、プレッシャーたるや半端ない・・・

たま~にフライに反応はあるけれど、バクッとは食わず、明らかに疑いの目でフライをつつきにくるような感じ。

その後N又川に入れるポイントを見つけて、イブニングをここでやろうと入渓するも又しても真新しい靴跡。
眩暈を感じながら釣りを始めるが、触りにもこない。
打ちのめされた気分で、日没にて釣り終了。

そのまま「やまゆり荘」に温泉に浸かりに行く。

途中、日没後の御嶽山のシルエットがとても奇麗。
b0223953_21505459.jpg

石徹白釣行の時も書いたけど、この時間の山の雰囲気が大好き。
何とも言えないゆったりした田舎の時間を感じる。
b0223953_21552761.jpg

暗くなって、ぼうっと明りに照らされる露天風呂もいい雰囲気、
釣れなかったけど、気分がリフレッシュできる。

翌日、窓の外を見ると予報どうり雨。
いい感じの雨に今日こそは!と釣り支度をして、昨日ダメだったN川の狙っていたポイントへ。
(八月末の45センチにリベンジしたくて、どうしてもここに入りたかった)
しかし!やはり先行者・・・
入りたいポイントのちょっと下に餌師に入られていた。

仕方なしに場所変更。
b0223953_21563384.jpg

上流に向かって車を進めると入れそうなポイント発見
やはり足跡が・・・
それでももう諦めの境地で釣り上る。
「出んなあ、出んなあ」とつぶやきながらこ一時間、プールでやっと15センチのチビ岩魚君!
b0223953_21525592.jpg

こんな小さな魚がすっごく嬉しい、
ボウズを逃れたことで「ほっ」

トップシーズンだったら「はいはい、君じゃないのよ、来年遊んでね」サイズなのに、
今日に限って「遊んでくれてありがとね、感謝だよ~」

結局この一匹で今回は修了。

昨年もそうだけど、九月は絶不調、今後の課題です。

花猿亭にて昼食、またもや7月の釣行時にここで偶然会った方(てれんこ^2さん)とお会いする。
聞けば毎週開田に来ているそう。
おすすめポイントを教えて頂き、ここ最近のいい感じだった、というフライも頂いた、有難うございます。
花猿亭ご主人も奥様もてれんこ^2さんもそこそこ釣られているそうで・・・
毎度のことでわかってはいますが「腕」ですな・・・
フライ、システム、ポイントの選択、キャスト、流し方、全てにおいて未熟、経験値不足。

また来年、と再会を約束して開田をあとにしました。
もちろん川にも別れを告げて。
今年のシーズンもこれにて終了、あとは管釣り、タイイングなどで来年の解禁を迎えるための準備です。
[PR]
by skohno | 2011-09-30 22:02 | フライフィッシング
23~24と加藤毛ばり店さん主催のフライフィッシングスクールで石徹白へ行ってきました。
b0223953_22263071.jpg

ここのスクールも計5回目、
なかなか我流では上達しないのはものの常なので、今回はロングリーダー&ティペットの扱い方を教えて頂きました。
ボサ川、里川メインの私はほとんどショートリーダーでの釣りなのですが、前回の開田釣行で悔しい思いをしていたこともあって、本流でのロングリーダー&ティペットも毛嫌いしていてはいかんな、と。
b0223953_22271082.jpg

まずは石徹白川本流にてシステムの組み方とキャストのコーチングをして頂く。
川は連日の雨(台風)の影響で増水ぎみ。
・・・・キャスト、ダメダメだな・・・・
心の中で「練習します、スミマセン」
続いてメンディング。
特に巻き返しにいる岩魚にいかに長いことフライを見せるか。
お昼食べた後の峠川C&R区間での釣りもメインテーマとして取り組む。
餌釣り出身の私はちょうちん釣りで今まで対応していたけど、はるかに長いことフライを浮かせていられるメンディング(上手くできれば)、今後もちょっと真剣に取り組もうと思った次第。

んで、釣果は・・・

「ボ」でございました・・・

暗くなるまで釣りに没頭、スキー場駐車場で集合。
この時間の石徹白、ヒンヤリした空気と山の稜線と群青色の空のコントラスト、大好きです。

そして宿泊はペンション リトルパインさんへ。
実はここのオーナーの小松さんは友人の友人で、すでに何回かお会いしているのですが、私が初めてフライフィッシングを教えて頂いたのもこの方。

毎回宿泊の際には夕食に猪のすき焼きを出して頂けるのですが、これが絶品!
そのほかにも、ほとんどの料理が自家製食材でどれも美味い。

加藤毛ばり店さんや、他の参加者との会話も楽しい、

普段は一人での釣行ばかりだし、こういう集いは初心者の私には色々貴重なお話を頂けたり、同じ趣味について語らうことができるのが楽しくて、また参加したい、と思ってしまう。


翌日、今度は一人でまた石徹白へ。
峠川の場所を変えながら釣りを一日するが結局「ボ」に終わってしまった。
出てはくるけどフッキングしない・・・
果たして昨日のスクールの成果はあったのか?

どうも九月は相性が悪くて、なかなかいい思いをできないのだけど、釣ってる人はたくさんいる訳で・・・
もっともっと切磋琢磨しなければいけない、ということですね。

魚の写真が撮れないので風景写真だけ。
b0223953_22274477.jpg


b0223953_2230128.jpg


29、30は締め釣りで開田に行ってきます。
[PR]
by skohno | 2011-09-27 22:34 | フライフィッシング

家族で釣り

台風が甚大な被害を中部地方に残していきましたが、皆さんご無事でしたでしょうか?
私は電車が止まった為に、職場のある町から出られず、やっとの思いで見つけたビジホで一晩を過ごしました。

先日の日曜日、かみさんと息子」と三人で管理釣り場「美濃FA」に行きました。
b0223953_20392738.jpg


餌釣りの「食う」ことが目的の釣り堀には何度も行きましたが、管理釣り場に家族で行くのは初めて。
でもカミさんはフライはよ~やらん、と言うので、10年以上前に使っていたバス釣り用のルアーロッドを久しぶりに持ち出しました。
ルアーを途中の釣り具屋で調達してから現地入り。
まずはポンドでの釣りに私も付き合う。
魚はほとんど表層に浮いていて、ドライフライは絶好調。
ニジマスだけど尺超も。
対してカミさんは買ったルアーがほとんどスプーンだったため、全く釣れず。
b0223953_20471625.jpg

b0223953_20475017.jpg

その後、私はウェーダーと靴を履きかえてストリームへ。

しかし、ここのストリームは本当にムズイ!
ここのおじさんは「ここで釣れたらどこでも通用するよ」
と言ってくれるのだけど、流石に悔しかった。
結局惨敗して家族と合流。
カミさんもボウズだったらしいが、とても楽しかったと喜んでくれた。
次回はもっとルアーをそろえてリベンジに来たい、だそうです。

息子は・・・水遊びに終始してました、釣りやるかと思って金払ったのに!
[PR]
by skohno | 2011-09-21 20:54 | フライフィッシング

夏の終わり

28~30と三日間開田へ。
b0223953_1864075.jpg

今回は家族も一緒。
28日昼前に開田入りして、まずは情報収集と昼食も兼ねて家族と共に花猿亭へ。
b0223953_1894764.jpg

b0223953_18114868.jpg

私の一番のお気に入り「ピッツァ マルゲリータ」、「オムライス」「冷製サルサのパスタ」
b0223953_18102736.jpg

b0223953_1810567.jpg

b0223953_18112484.jpg

本当に美味しいです、開田にお越しの際は是非どうぞ。

まずは行きなれたポイントへ。
しかし、連日の雨のために増水していて、ウェーディングにも一苦労。
S川本流で水位は通常の30センチアップくらい、釣りが不可能なことはないし、濁りも無いのでイケるかも?と思っていたのだが当たりは全く無し・・・
実際に日中は厳しいよ、という話を聞いていたので、こんなもんかなあ、と取りあえず終了。
開田って雨が降って増水しても引くのも早いので、19号沿いの本流が濁流でもここは釣りが成立しやすい。
その代わり、というかお陰様で釣り客も多い・・・

寝床に帰って、昼寝。
五時の目覚ましで起きて、狙っていた川へ。
車を停めて川を窺うと、葦の向こうに動く釣竿。
餌師に一歩先を越されていました。
仕方ないので川を変えて近くの里川へ。
日没も迫ってきているのでそそくさと入渓ポイントを決定。
水量は・・・普段と変わりなし!
小さめのプールにはボコボコライズが。
聞いていた情報からフライを選択し、竿を出す。
計4匹の岩魚ゲット。
ただサイズは最大で7寸くらいなので、待望のNEWネットの入魂は見送った。
b0223953_18161278.jpg

翌日
朝五時にまた別の里川に入渓。
チビが一匹かかるだけで非常に渋い。

そしてこの日は家族サービスも約束していたので、釣り堀と「開田高原アイスクリーム」へ連れて行く。
ちなみに釣り堀でも非常に厳しく、二時間かけてやっと4匹の釣果。


そして今度こそ、と夕方に昨日行けなかった川へ。
今度は先行者も無し、
フライは最初から決めていたが、システムをどうしようか悩む。

川は若干増水気味で重そうな流れ。
しかも対岸の縁。
ドラグのことを考えて16ft,先端は7Xを選択。
数投したところ、かかった!

んが、重い!
魚が寄ってこない、目的の魚なのかな、と考えながら粘って近くまで寄せた。
水面上に全く出てこないそいつは目視したところ間違いなく40センチオーバー。
といったところで糸がプッツン。
7Xのティペットが裏目に出てしまった。
そしてあとはやはり「腕」
いまだかつて「尺」に達したことのない私は大物の取り込みが全く持って未経験なのでした。

切れた瞬間はもう「ボーゼンジシツ」

悔しくて悔しくて数分間は唸ってました・・・

ちょうど同時に大粒の雨が降ってきて釣り自体も「終了」

本当に悔しかったけど、初めてあんな大物の手ごたえを味わえて、それは良かったかな、と。
また宿題ができました。

翌日、花猿亭のご主人に調査報告と挨拶に。

次に開田に行けるのは来月末、それまで餌師に撥ねられずに生きていて欲しいものです。
[PR]
by skohno | 2011-08-30 18:20 | フライフィッシング

開田の夏

一か月ぶりの開田釣行でした。
くそ暑い名古屋を離れて二日間開田高原へ。

本当はこの二連休で友人と一緒に燕岳に登る予定だったのだけれど、友人が仕事の為キャンセル。

ただせっかくの二連休なので何もしないのはもったいない・・・という訳で急遽釣行決定。

前回と同様、電車+バスで開田入り。

さっそく近くの沢へ。
チビはかかるけど、大きいの釣れんなあ・・・
それに汗だらだら、なんじゃこの暑さは~!
といったところで、やっと23センチの良型がかかってくれました。
b0223953_19572391.jpg

写真を一枚撮ったところで逃亡される。
いったんネグラに帰って昼寝。
五時に目覚めてから今度はN川に。
イブニングのライズ狙いで、岩に座ってじ~っとライズが出るまで我慢。
ぽつぽつ出てきたのを見計らって竿を出す。

今回の一番サイズ、25センチ。
b0223953_2001897.jpg

b0223953_20165594.jpg

大分暗くなったところで撤収。
実は熊がかなり出ている、という情報を得ているので、正直ビビりが入って終了した、というのが事実。

そのまま、「やまゆり荘」に向かい、汗を流して帰宅。

本日。
朝6時に外に出てみると、霧雨が降っている。
若干だが霧もでていて、いい感じの天気。
今度はS川。
入渓してすぐに20センチが釣れる。
b0223953_2013973.jpg

b0223953_203485.jpg

え~と??君は誰?岩魚じゃないし、ブルック?ブラウン?
開田ではじめてこんなのを釣りました。

その後、24センチ岩魚。
この子もよく引きました。
b0223953_20141933.jpg

b0223953_20153666.jpg

今回の釣行では、いかにも夏の渓、というか、岩魚メインの釣果でしたが、フライもテレストリアル中心で♯8~12の大型によくかかりました。

お昼は毎回お世話になる「花猿亭」さんへ。
偶然に、以前石徹白で釣りをご一緒していただいた方と出会う。
先ほどの??君の写真を見せると、かつて開田でブルックだかブラウンだかを養殖していたペンションがあって、そこから逃げ出したものではないかな、というお話を頂く。
でももう5年以上前の話だから、多分岩魚との混血で自然繁殖しているんだろうね、と。
なるほど~。
追記:画像で見てみると「ブラウン」でしたね。

さらに花猿亭のご主人から熊情報を頂く。
数日前にN川でイブニングをしていたら親子熊に遭遇、クマスプレーで撃退した、という生々しいお話・・・ちなみにその場所とは・・・夕べ私がイブニングやってた場所なんですけど!!
花猿亭のすぐそばでも出没、日中でも安心はできないよって・・・

こんな話を聞いてしまったため、午後の釣りはビビりまくっていて、崖から石が落ちてきたりしたら心臓バクバクもの、早々に撤収してしまったのでした。

帰りの電車まで時間に余裕はあったのだけれど、最早気力を喪失してしまったのでした・・・

後になってから気が付いた、魚の写真ばかりで風景をちっとも撮っていなかった。
かろうじて一枚。
気持ちいい開田の空
b0223953_2010383.jpg

[PR]
by skohno | 2011-07-22 20:18 | フライフィッシング

夏の渓へ・・・

明日から二日間、開田高原釣行! 台風が来ていたので中止にしようかと思っていたけど、意外にいけそうなので急遽決定!

本当は北アルプスに山登りの予定だったのだけれども、一緒に行く友人がキャンセルになったので、二連休をどう過ごそうか思案していました・・・
[PR]
by skohno | 2011-07-20 22:14 | フライフィッシング

電車で開田

昨日、今日と二日間、ホームグラウンドの開田高原に釣りに行った。
いつもは家族同行なので車で行くのだが、今回は一人なので電車にした。
木曽福島まで「特急しなの」で、駅から開田まではバスで。
金額的には車でいくのと大差ないし、
電車に一時間半、バスに45分、乗り継ぎで30分ほどかかるけど車より早いし、
何よりも運転しなくていいから 
んで、10時半ころに開田入りして、早速釣りに行く。
生憎の雨で時々かなり強く降る。
川も次第に笹濁ってきて、魚の反応もまるでなし。

昼過ぎに切り上げて、昼飯兼、情報収集にこちらのお店に。
ご主人は開田の釣り情報に精通している方なので、大変有意義な情報を頂ける。
ただ、ここ最近は釣り客が押し寄せて、スレきっていて反応が非常に悪いとのこと。

昼食にはふわっふわのオムライスを頂いた。美味しかった!

午後も雨が止む気配はないし、本流はかなり増水していたので支流での釣りに。
渋いのは相変わらずでボウズの危機迫る頃、8センチのチビチビ岩魚くんがやっと遊んでくれました。
b0223953_2148563.jpg

結局これ以上は反応はあれどもフッキングに至らず、そして今回はメガネを忘れる、という大失態のために夕マズメを諦めざるをえない私は早々とネグラへと引っ込んで、不甲斐ない結果に酒飲んでふて寝。

二日目
天気は上々、晴れてはいないけど、いい感じの曇り。
まずは昨日仕入れた情報の(デカいのがいるらしい)渓へ。

結果は惨敗。
当たりすらなく・・・

午後は本流へ。
やっときました・・・
小さいけど(18センチ)アマゴ。
流芯に流したフライに飛びついてくれました。
b0223953_223654.jpg

b0223953_2255059.jpg


昨日の岩魚にしろ、ふつうに考えれば写真撮るようなサイズじゃないんだけど、音沙汰なしの二日間では貴重な二匹ですから・・・
「ボウズじゃなかったよ!」証拠写真です。

それにしても・・・上:olympus μ770SW、下:携帯(AQUOS SHOT)
μ770の写真映りって携帯と大差ないじゃん。
撮り方が下手なのは勘弁orz

その後・・・また支流に移動したりとかしてたけど、もう当たりはあれどフッキングせず、のオンパレード、いいかげん疲れ切っての納竿でした。
なかなか初心者から脱却できないなあ・・・

んで、またバス&電車で帰名。
飲んで帰れるからラクだわ~。

次回釣行は人様に見せても恥ずかしくない写真を撮ります(ように頑張りますm(_ _;)m)
[PR]
by skohno | 2011-06-19 22:12 | フライフィッシング

明日から

明日、明後日は開田高原にて釣行♪
[PR]
by skohno | 2011-06-17 13:44 | フライフィッシング