私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:フライフィッシング( 52 )

秋は難しい

めちゃめちゃ暑い開田は渋かった・・・
b0223953_21462059.jpg

日が暮れるまで粘って
b0223953_2155322.jpg

b0223953_21562828.jpg


朝五時から釣りはじめて
b0223953_21512368.jpg


こんなサイズばっかり

挙句の果てにライズを仕留めたと思ったらカワムツだったり・・・

今月末に期待!
[PR]
by skohno | 2012-09-16 21:59 | フライフィッシング

ラストスパート

今シーズンの渓流ももう一月を切り、
絶不調のまま終えるのもなんなんで、
と言う訳で今日は石徹白に行ってきました。
実のところ私はそんなにポイントを知らないので、日帰りで行くとなったら石徹白くらいしかないのです。

朝3時に家を出て、日の出前に石徹白川本流で釣りスタート。
b0223953_2293559.jpg

水量は若干少ないけどいい感じ。
b0223953_2295944.jpg

しかし反応はあるけどフッキングしない、という相変わらずのパターン。
「またかよ~ヽ(`Д´)ノ!」
このまま今年は終わるのかな・・・とイヤ~な予感を残し本流の釣りを8時には終了。
そのまま引き続いて峠川C&R区間最下流に入る。

一時間程釣り上がってやっと22センチイワナ一匹を上げることが出来た。
フライを「あーでもない、こーでもない」
と悩み、取っかえ引っ変え、出した結論はCDCダン#18。
スレている魚にはシンプルが一番かね。

残念ながら証拠写真を撮る前に逃亡。
でもまあボウズは逃れることができました、
が、その後は気温も上がり反応自体全く無くなってしまった。

こういう時はサッと諦める!
弁当食って昼寝!


3時頃に起きてスキー場駐車場に移動。
さすが平日、
9月とはいえ釣り人の車は私以外に二台しかいない。
通称:石徹白銀座もこの時間釣り上がっている人がいなかったので入らせてもらうことにした。

駐車場真下でいきなり20センチイワナがかかる、
「よしよし・・・」
もはやフライはCDCダン一択。
しかし流石のこのフライもプールで定位している魚には何故か効かない。
壁際をギリギリで流したらいきなり「ズンッ」とラインに重さを感じた。
でかい!
イワナなのはわかったが、まるでアマゴのようにローリングして暴れまくる、
「7X、切れないで~」と心の中で叫びながらしばし格闘の後ネットイン!

おお~でかい!
尺?
b0223953_22123466.jpg

サイズをメジャーで測ってみると29センチ。
何度測っても29センチ。
b0223953_2216060.jpg

ため息も出たが、実は私にとってはサイズ更新!
「泣き尺」とは言うけれど嬉しくないはずがない。


b0223953_22164184.jpg

駐車場まで帰る足も軽い、
「どうでした?」と声をかけられたフライマンに「ぼちぼちですね」
と生意気な返答をしてしまいましたが、内心はスランプ脱出が嬉しくてニヤつく表情を一生懸命抑えていました。
その後、また場所を変え、暗くなるまでイブニングをやっていましたが、こちらは連発するライズを仕留めることができず、まだまだ課題は残しました。
b0223953_22185775.jpg

来週の土、日はどこに行こうか思案中、
たぶん開田かな、やっぱりホームでいい結果を出したいですもんね~。


修理から直ってきたウェーダー、
やはりダメだ~
というか、外生地に空いたピンホールをふさがないと、内側にいくらパッチを貼ったって全然関係ないところから漏れてくるじゃん!(怒)
来年には買い替えだな・・・

ふと思いついた対策(穴が開く前の)

モンベルのウェーダーが何故4シーズンももったのか?、
いつも同じモンベルのネオプレーンゲーターを外に巻いていたのを思い出した。
カッコよさの点から今のウェーダーには使用してなかったが、買い換えたら実用第一でゲーター巻いて釣りしよう。
[PR]
by skohno | 2012-09-07 22:25 | フライフィッシング

ハンパない暑さ

また金、土と開田に行ってきましたが、
うだるような名古屋駅から特急しなのに飛び乗り、
楽天地を目指して一路。
バスを降りた開田高原はうだるような暑さでした(悲)
いつもお世話になっているおばちゃんから、ここ数日の暑さにうんざり、という話や、
降りたバス停のところで三日前に熊が出た、という話を聞き、ビビリが入りながらも釣りに突入。
さすがに炎天下での釣りはイヤなので上流部のヤマトのいる渓へ。
b0223953_942085.jpg

水温はなんと8度!
さすがに涼しい!
しかし残念ながら全く魚の気配無し。
まあ、この川は難しいし・・・

お昼は開田から下って木曽福島近くの「つけもの茶屋」というお店に。
実はここのカツ丼はなにげに美味しいのです、
今回はソースカツ丼にしたけど、オススメはフツーのカツ丼。
b0223953_952637.jpg

開田ではご飯ものを食べるのに物足りない場所なので、がっつりいきたい時はここいいですよ。

午後はまた開田に戻り別の渓に。
若干反応はあるもののチビばかり・・・
この暑さでは・・・汗だくになりながらも釣りを続けていた頃に異変を感じる。

足が・・・冷たい・・・・
どうもウェイダーが浸水している模様・・・
まだ3シーズン目なのに・・・
そのうち靴の中がぐっちゃぐっちゃ言い出した。
相当漏れている模様、気持ち悪くなって一度脱いでみたら見事に水浸し。

お陰さまで戦意を喪失し、勿体ないけどイブはキャンセル。
日がまだ出てるうちからビールを煽ってしまいました。

翌日も暑さは続き、色々渓を変えるもやはりチビしか出ない。
EHCもイワイイワナも魚は銜えてくれない、
毎年この時期ならこの二つは疑いのないツートップなのに。

お昼に寄った花猿亭にて情報を聞くが、やはりこの暑さではね~・・・って
一応ヒットフライを聞く・・・・・
これかぁ~!!

持ってないや・・・(悲)

売ってくれてはいるけど、フライはやっぱり自分で巻いたヤツで釣りたいしなぁ。

さて、午後は反応ゼロで終わりました。
また電車で帰らなくちゃいけないのでイブは無し。

結局避暑にもならない二日間でした・・・
[PR]
by skohno | 2012-07-31 09:08 | フライフィッシング

もうすぐ夏

金曜から日曜まで三日間の開田釣行、
(最終日は雨で釣りを諦めましたが)
初日はホームの里川へ、
梅雨の中頃だというのに、全然雨が降らないものだから驚くほどの渇水。
でも・・・
いきなりの20センチのイワナ、
幸先よいスタートがきれたと喜んでいたけど、結局この一匹のみ。
昼食を間に挟んで別の渓へ。
目の前のプールで結構大きそうなのが派手にスプラッシュライズをしている、
水面貼り付け系のフライを中心に試してみるも、無視。
思い切ってハイフロートにしてみたら一発で食った!
b0223953_2342226.jpg

朱点が目立つイワナだけどヤマトかな?
26センチでした。

御嶽山はまだ雪が残っているけど、開田の風景はもう夏のそれ。
b0223953_23121453.jpg

実は結構暑くてしんどかったので、このあとはイブニングまでお昼寝タイム。
五時過ぎにまた別の渓へ。
日没寸前、自分の周りでヒゲナガがわんさか飛び回りはじめた、
嵐のようなハッチの中、水面も騒がしくなる。
結ぶフライはもちろんEHC。
何度かフッキングしたのだけれど、ネットを差し出す前に外れたとか、くわえたのにフッキングせずに外れたとか多数のなかでネットイン出来たのは一匹だけ。
25センチイワナ。
日没後。ハッチも止んで終了。
まあ、ボーズは逃れました・・・

二日目、
朝一で入った里川はうんともすんともなし。
その後場所を変えると、見たことのあるジムニーが。
花猿亭のご主人の木曽猿氏発見。
声をかけるとめちゃめちゃ反応がいいとのこと。
残念ながら私は釣れなかったがしばし氏と一緒に釣り歩く。
b0223953_23141824.jpg

う~ん綺麗なフォルスキャストだ、見とれてしまった。
木曽猿氏が先に開店準備のため脱渓されたあとに、かろうじて一匹、21センチ。
その後花猿亭にて昼食、ここで約束していた「てれんこ^2」さんと一年ぶりの再会、
ご同行されていた「浜平」さんも一緒に午後の釣りに。
大ベテランであり、FFFのキャスティングインストラクターでもあるてれんこ^2さんからたっぷりアドバイスを頂けた。
b0223953_23145321.jpg

特にロングリーダーのトラブル回避の為の知恵には目から鱗。
本当に有難うございました。
私は結局釣れなかったけど浜平さんは自己の記録更新となられるサイズのアマゴと、同じく記録更新となられるイワナをゲットされたそうでホクホクの笑顔でした。

ベテランの方との釣行は本当に勉強となります。
いつの日か、逆に私が教えてあげることができるようになりたいものです。

まだバリバリに釣れることはないけど、キャスティングも多少は修正できるようになってきたかな、

もうすぐ大好きな真夏の開田、テレストリアル系フライをたっぷり巻いて乗り込む!
[PR]
by skohno | 2012-07-02 23:17 | フライフィッシング
加藤毛ばり店さんの渓流スクールで奈川に行ってきました。
昨日は一日中雨。
でも大渇水なので恵みの雨になるのかもねえ・・・と参加者の皆様とそんな話をしていましたが・・・
スクール前に大問題発生。
ベストに付けていたティペットの束がない!
釣り糸が無くて釣りができるはずがない!
車中探しても見当たらないので、痛い出費ながら加藤毛ばりさんから6Xと7Xを購入(5Xと8Xは予備がベストのポケットに入っていた)
とりあえずこれでOK

(うちに電話して家内にタイイングテーブルに忘れてない~と聞いたら「無いよ~」と返事、
どこにいったんだ~(泣))
で、スクールでは寒い雨が降る中、ロングリーダーシステムのコーチングをしていただくが、
先生よりキャスティングの癖を指摘、
結構深刻な癖で、これを治さないと上達は・・・
b0223953_22405968.jpg

実釣でも絶不調。
かかったのは数回あったが釣果には結びつかず・・・

お昼は近くの蕎麦屋さんへ。
名物のとうじそばを食べて・・・

午後の釣りへ・・・・
やはり釣れない。
かかれどもフッキングしない、といういつもの釣れないパターン。

そのうち体も冷えてきて、心も折れて釣り終了。
b0223953_2242232.jpg

お泊りはリ・ライズさん。
b0223953_22442765.jpg

オーナーのナフーさんの人柄がこもる暖かい雰囲気の宿。
天然温泉で体も温まり、美味しい食事とビールで折れた心も復活。
b0223953_22463967.jpg



翌朝はいい天気。
素敵な朝食を頂き、リ・ライズを後にする。
b0223953_224879.jpg

しかし川は夜中に降っていた雨のせいで見事にカフェオレ濁流に変貌していた。
それでもナフーさんのコーチでニンフフィッシング。
b0223953_22484695.jpg

ここで25センチクラスのイワナを痛恨のバラシ!
ネットに手をかけた瞬間、逃げられました。
この後は場所を変えたけれども反応は全く無し・・・
さらに5M程上流に頭をハネるルアーマンが!
あまりにもそのハネぶりが堂々としていて、もはや怒りなんておきず、笑えてしまった。
b0223953_22542895.jpg

↑これから大場所を釣ろうとしていたスクール仲間のSさん。
その大場所をしっかり上流川から攻めて満足したルアーマン。


だんだん暑くなってきて、魚の反応も無いので、蕎麦食って、一応念のため、もう一回入渓するも、やはり全く反応が無いので4時にて終了。

フライ歴まだ4年めですが、こうも釣れないのが続くと、自分の不甲斐なさに腹が立つ。
まずはキャスティングの癖。
ちょっと真剣になって練習やろう・・・
[PR]
by skohno | 2012-06-17 22:56 | フライフィッシング

久々の渓は厳しかった

6月に2~3と連休で開田に泊まりで行こうと予定していたのだが、
仕事の為、諦めなくてはいけなくなった。

で、「釣りしたい」気持ちを開放させようと石徹白へ。

昨年行ってないので二年ぶりの石徹白、
平日なので釣り人の姿はちらほら。

まずは本流へ。
フッキングはしなかったけど、いきなり魚が飛びついてきた、
「お?いけるんでない~?」
しかし・・・その後もず~っと同じ状況が続く・・・
なんか完全に魚に遊ばれてる感じ。

フライを変えてみるも全く同じ。
しかし魚影の濃さはさすがの石徹白、
ここぞ、というポイントでは必ず魚がいる。
釣れないのは多分腕のせい・・・

昼過ぎは峠川C&R区間へ。
雨も降ってきたが虫のハッチが半端ない、
そこかしこでライズが。

こんなのも
b0223953_86494.jpg

手に止まったこいつを見たとき、思わず「でかっ!」

でも釣り自体は午前中とパターン変わらず苦戦、
だんだんイライラしてきてライントラブルも多発してきた。
C&Rに入って二時間ほど経ったとき、やっと待望の一匹!
b0223953_875829.jpg

流心に流したフライに綺麗に出てきてくれました。
尾びれの小さな、恐らくアマゴ園からの脱走兵君ですが、
苦労して釣り上げただけに喜びもひとしお。

この後は気温も下がり、虫の姿も見なくなってきたので17時にて終了。


相変わらずヘタッピには厳しい石徹白でしたが、休日を満喫できました。
[PR]
by skohno | 2012-05-29 08:16 | フライフィッシング

GWは人多すぎ

3~5と三連休頂いて、家族サービス。
家族サービスと言っても行き先は開田高原なので、
ということは勿論・・・
初日は私だけ前の夜から開田入り、
カミさんと子供はゆっくりと妻籠宿とか観光しながら夕方に開田入りしたので、
たっぷり早朝から釣りに。
天気は予報では雨だったが、なんとかもってくれました。
ちなみに開田は今が桜満開。
b0223953_2194472.jpg

小さいのばかりだが、アマゴ1、イワナ2の釣果。
b0223953_21103562.jpg

気温もだいぶ昼には上がってきたのでヤマトのいる渓へ。
b0223953_2113694.jpg

小さいの一匹だけだがヤマトが釣れました。
b0223953_21121288.jpg

b0223953_2112449.jpg

やはりGWはどこもかしこも釣り人だらけ、
午後は入渓点もなかなか定まらず高原内をウロウロ、
プレッシャーも相当高い模様。
とっておきのポイントではあたりすらなく・・・
で、家族が到着する時間頃に納竿。

二日目は家族サービスデー
だが雨。
塩尻にある「チロルの森」というテーマパークまで足を伸ばすも、あまりの人の多さに幻滅して入園すらせずに退散。
お腹すいたね、という訳で、わざわざ伊那まで戻りソースカツ丼を食おうと・・・
しかし滅茶苦茶混んでて食い始めるまでになんと2時間も待たされる!
結局時間をかなり無駄に使ってしまったので開田にすごすごと退散することになりました。

開田に帰ると5時半、
まだ明るいから「行ってくるわ~!」
と近くの渓へ。
しかし急激に冷え込んで魚の反応は全く無し!

三日目
昼過ぎには帰らなくちゃいけないので午前中だけ釣り。
しかしみるみる気温が上昇し、虫もわんさか飛んでるのに当たりすら無し。
b0223953_21141541.jpg

↑マエグロ?

汗だけたっぷりかいて惨敗となりました。

毎年のことだけど、GWやお盆はやっぱり厳しい~
素直に家族サービスに没頭しろ、ということかな?
[PR]
by skohno | 2012-05-05 21:15 | フライフィッシング

今回は海です

初体験です、フライによるシーバス釣り。
加藤毛ばり店さんからのお誘いで、名古屋港に行ってきました。
新調した8番ロッドのデビュー戦です。
夜八時に出船、
まずはキャストの練習を・・・とあれれ?
結構陸上ではキャス練してたけど、まったくダメダメ君。
揺れるし暗いしバックキャストが後ろにいる船長さんと加藤さんに当たるんじゃないかと思うと気が気でない。
まあ、キャスティングは時間と共に慣れてきていつも通りに投げれるようになってきました。
b0223953_23285385.jpg

工場、大型船の風情ある夜景の中、何箇所か場所を変えたのちに20センチそこそこオチビちゃんが数匹かかりました。
ただ、いつものドライフライの癖がでて、合わせようとするもんだから何匹かすっぽ抜けました。
散々場所を変えた甲斐あって30センチ超えも釣れましたが、
b0223953_2332345.jpg

その後は全くと言っていいほど反応がなくなり深夜1時ころ納竿。
とりあえず竿の入魂はすませることができました。

船代は小遣いにはキツイですが楽しかった~
今度はサイズアップを図りたい!
[PR]
by skohno | 2012-04-30 23:33 | フライフィッシング

今期初

もう4月も終わりになるという今頃になってやっと今シーズンの解禁を迎えました。
もちろんホームの開田高原。

b0223953_21454483.jpg

今年もこの渓で釣りができることに感謝。
但し、水温は7度。
虫も全く見かけないのでキツイだろうなあ、と思ったら案の定釣れません。
川を変えても、反応はあるにはあるものの釣れない・・・
ギブアップ状態で毎度の「花猿亭」で昼食がてら情報をもらうけど、やはり「厳しいよ」
とのお言葉。

食事を終え、午後の釣りに行こうと思った矢先、顔見知りのYさん、Hさん一行4人が花猿亭に来店、
しばし歓談して、午後の釣りをご一緒しましょう。
b0223953_21581739.jpg

b0223953_21542976.jpg

譲っていただいた大場所で26センチの良型イワナがかかりました!
b0223953_21574421.jpg

これで名実ともに解禁を迎えることができました。
そして昨年購入のランディングネットも年越しの入魂!


翌日の今日。
天候は崩れるという情報。

今日はmixiで知り合った「オービス」さんと初顔合わせで一緒に釣行の約束をしている日でした。
朝7時に落ち合って、早速釣り開始。

b0223953_23154595.jpg

釣り始めてすぐにオービスさんが小さいながらも綺麗なアマゴをゲット。

わざわざ開田まで来て頂いてボウズだったら申し訳ないな、と思っていたので、密かにホッと胸をなでおろしました。
その後もう一匹追加するも私の方はボウズ・・・

午後は雨足も強くなり、川を変えるもオービスさんにアマゴ一匹かかるのみで私は相変わらずボウズ。
開田のピークはまだ先かもしれません、釣り客も全然見かけませんでしたし・・・

それでもいつも一人きりの釣りですから今回は楽しかったです、
オービスさん、ほんとうに有難うございました。
[PR]
by skohno | 2012-04-22 22:07 | フライフィッシング

来月いよいよ

日曜日に今シーズンのラストスキーに開田高原マイアスキー場に行ってきまして、
3月も末とは思えないほどの気温、そして最高の雪質に気持ちよく〆ることができました。

そして、帰り道にいつもの花猿亭にて今シーズンの年券を購入、今年もお世話になります。

ご主人にここ最近の釣果を聞くも、やはり真冬並みの気温のせいか、非常に厳しいとの話。
う~ん、開田の釣りはもうちょっとあとかな・・・

家に帰ってから早速ベストに年券を付ける。
b0223953_2165875.jpg

これだけで気分が盛り上がってきた。
スキーヤーは終了、来月からはフライマンにチェンジ!
エリシオンのタイヤもスタッドレスから夏タイヤに変えた。
スキーが終了と思うと途端に早く暖かくならないかな~って現金なものですね。
[PR]
by skohno | 2012-03-29 21:10 | フライフィッシング