私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お洗濯

今シーズンの渓流が終わってしまいました。

昨年末に購入したSIMMSのG3ウェイダーには大活躍していただきました、
でも夏場はさすがにこのウェイダーでは暑いので、先々代のモンベルのウェストハイとバトンタッチ。
こういう使い方してれば長持ちしてくれるかな?
b0223953_2255424.jpg

長持ちさせるためのメンテもしなくちゃ、ということでお洗濯することになりました。
また、9年目のモンベルのレインウェアはすでにほとんど撥水性が失われていて、実際に雨に打たれると濡れ鼠状態になってしまうので、なんとか復活させてやりたい。

ゴアテックスという素材は難しい取扱いは必要とせず、フツーに洗濯しても一向に構わないらしいのですが、
通気の為に微細な穴が空いているのでフツーの洗濯洗剤を使用すると穴が塞がってしまい通気性が落ちるとのこと(防水性には問題無し)
通気孔を塞がずに洗濯するならやはり専用のモノを!

という訳でコレ。
b0223953_226291.jpg

NIKWAXのTECHWASHと防水効果を維持するためのTX.ダイレクトWASH-IN。
スポーツ用品店で売ってます。

洗濯器でも洗えるらしいが、その場合、高価なこの洗剤を全量入れなければいけないらしいので、
ビンボー症の私は手洗いすることにしました。

ランドリーバケツにキャップ1~2杯分のTECHWASHを放り込み、お湯を注ぎ、ウェイダーとレインウェアを浸す。
b0223953_2275213.jpg

汚れのひどいところはスポンジでこすりながら全体を手もみ。
ウェイダーは途中で一回裏表をひっくり返して洗う。
およそ15分ぐらい揉んだら洗剤液を捨てて、水で何度もすすぐ。
この工程が大事らしい、
洗剤が残っていると通気性が落ちるらしいから。

ヌメリ感がなくなるまで何度もすすいだ後は撥水剤のTX.ダイレクトWASH-INをキャップ2杯分入れてまたひたすら揉む。
5分揉んで15分漬け置きを3度ほど繰り返したら水を捨てて取りあえずそのまま風呂場でもう水が垂れてこないくらいまで干す。
この時点でちょっと失敗。
ゴム手袋をしなかったせいで手が強烈な撥水効果。
水分が皮膚から抜けきってしまったようなカサカサ感が・・・

3~4時間後にコインランドリーへ。
この、熱を加える、という工程を経ることで撥水効果がかなり高まるそうだ。
調べると低温アイロンをかけるともっと効果が上がるらしいが面倒なのでパス。
大体30分乾燥機で乾かして終了。
レインウェアはともかく、ウェイダーの内側はもちろん乾いていないので一日家の中で干して完了。

余談ですが、日向に干すのは厳禁なんだそうです、
先代のリ〇プ〇のウェイダーが短命に終わったのはこのせいもあったらしい・・・

試しに水をちょっとかけてみるとものの見事にコロコロと水玉が流れていく、
という訳で初めてのウェイダーお洗濯は大成功。
汚れは完全には落ちてはいないけど、ほとんど気にならなくなりました!

一年間、お疲れさまでしたね、また来年もよろしくお願いしますよ!
[PR]
by skohno | 2014-10-02 22:22 | myGEAR