私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ラス前

13~15と三日間、開田へ行ってまいりました。
今シーズンも残すところ僅か。
そして今週末の開田がラスト釣行の予定です。

台風が近づく予報の中、そして数日前までガンガンに降っていた雨による増水が懸念される中、
まず初日。
朝はちょっと寝坊しまして9時頃に西又川に入渓。
水温は16度、水位はほぼ平水。
が、たま~に「ピチャ」と反応があるだけで激渋・・・
およそ二時間ほど釣り上るがあまりの渋さにだんだん集中力が衰えてきて、フライを木に引っ掛けるのが多発。
いかん・・・明らかにダレテきている・・・・
とそんな時にやってしまいました。
上方の枝に引っ掛かったフライを取ろうと護岸コンクリに足を掛けて回収。
安心したその瞬間に足を滑らせてしまった。
左の足首が90度内側に傾いた状態で全体重が左足にかかってしまった・・・

激痛

しばらく動けなかった。
「やっちまったかな?車までは遠いしな・・・困ったな・・・・」
と川の水で足を冷やすこと10分ほど。
足は痛いけど、歩けるようだ。
骨はやってないようで一安心だけど捻挫の模様。

車まで足を引きずりながら戻った。
ジムニーはマニュアルなのでクラッチが踏めるか不安だったけど、問題ないみたい。
丁度お昼時なのでいったんネグラに戻って湿布を貼った。
b0223953_2225468.jpg

花猿亭にて惨敗報告をするとともにお昼ご飯を頂いた。
今回は新作「アマトリチャーナ」
トマトソースにたっぷりチーズの生パスタ!
b0223953_2229030.jpg

相変わらず美味しい料理を出して頂けます。
ご馳走様でした!
ただ平日の為、まったくお客さんのいない花猿亭、
計2時間ほど木曽猿氏と花子さんと話し込んでしまいました。

で、やっぱり痛むのでイブニングまで昼寝することにした。
5時起床。
イブニングなのでアクセスの楽な末川へ。
丁度6時くらいにライズが多発。
前もって仕入れていたフライ情報からセレクトしたフライはアタリ!
しかしたった15分でライズは止んでしまい、結局20㎝岩魚2匹、20㎝アマゴ1匹。
とにかくこの日のボウズは回避!

翌日、
師匠のてれんこ2さん、浜平さんが開田入り
まずは入った末川は三人とも撃沈。
ここで、スペシャルゲスト吉田ロッドの吉田さんも登場。
浜平さんの抜けなくなったフェルールを見るためにわざわざ軽ワンボックスで開田入りされた、という驚くべきプロビルダーさん。
b0223953_22273080.jpg

そして4人で西野川に移動、ここで吉田さんがバンブーロッドを貸してくださることになりました。
#2~#4対応のロッドに私の#4ラインを乗せて。
b0223953_2227759.jpg

思いっきりリールが似合わん・・・・

バンブー初体験の私でしたが、思ったほど癖がないことに驚き!
しかも手元にフォルスキャストしてる時のラインの重みがググッと伝わる、でも決して疲れない重さ。
キャスティングが楽しい!
魚を釣った時の引き味がバンブーの醍醐味だよ、と吉田さんは教えてくれるが、やはり昨日に引き続き激渋の内容で残念ながらその感触を味わうことはできませんでした。
でもこんな竿なら・・・しかも徹底したアフターフォローをしてくださるのなら決して10~15万のお値段は高くないでしょう(でも買えないけど(悲))


4人でランチの為花猿亭へ移動。
今回はペンネグラタン。
これもクリームがたっぷりで美味しい!
b0223953_22292861.jpg

吉田さんの「竹」談議が止まらない、
ものすごく深い竹の話を聞かせて頂きました。
(本人曰く、三日間は寝ずに喋れます、とのこと)
食事後も4人で釣り上がることに。
今度は景色が素晴らしいロングコース。
昨年カメラを水没させたいわくつきの場所ではありますが・・・
崖の断層がダイナミック、釣れようが釣れまいがその景色を見るだけでも行ってみる価値のある場所です。
b0223953_2231183.jpg

吉田さんにもこの景色は喜んで頂けたみたいです。
b0223953_2230973.jpg

さて・・・釣れませんでした・・・・
見事にボウズ!
吉田さんも浜平さんも釣果あり。
てれんこ2さんは尺クラスをかけるものの、#2ロッドが災いして取り込めることができずに岩の下に逃げ込まれてティペットを切られるという不運。
脱渓すると5時45分、ということで場所を変えイブニング突入!
昨日と同じく「開田高原九月イブニング必殺フライ」を駆使するも18~20㎝岩魚が2匹、という結果。
b0223953_22315056.jpg

ボウズは逃れた訳だけど、昼間に釣れないのは甚だ不本意だ~。

吉田さんとはここで別れて、翌日曜日。
台風の影響で雨・・・
時折強く降り、大荒れの予感。
そして川も笹濁ってきていた。

もう見事に三人とも反応なし!
なんですか、この渋さは?
開田、どうしちゃったんでしょう・・・・

体も冷えてきて、私は頭痛もしだしたのでここで修了。
結局三日間で日中はゼロ、イブニングで五匹、
こんなんで今シーズンは終われないッ!
今週末に賭けるよ!
[PR]
by skohno | 2013-09-18 22:35 | フライフィッシング