私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

忍耐

月曜にnaruさんと庄川水系に行ってまいりました。
10時に迎えに来て頂き、渓に立ったのは12時。
雨がまたもや降り、朝方には止んでいたものの、予報では午後からまた雨。
どうも最近は天候が安定しませんね。
想像どうり、本流は大増水。
一色川も約20センチの増水。
b0223953_0152999.jpg

そこでここなら多分大丈夫とnaruさんの案内で入った里川。

確かに若干水は多いものの問題ないレベルなので釣りをスタート!
先週の開田でほとほと不本意な結果に終わってしまったが、
ここは庄川キャバレー
b0223953_0143093.jpg


b0223953_0155934.jpg


b0223953_0201697.jpg



しかし・・・・何度キャストすれど「アタリはあれど乗らず」はここでも同様。
勿論、二人とも。
さらにnaruさんは痛恨の沈。
運悪く携帯が水没。
さらにリールのドラグが故障。
昨シーズンも私との釣行の際に靴破損、リール破損と、なんか申し訳なくなってきた・・・
結局、3時には見切りを付けて増水中の一色川に入ることになりました。
b0223953_0173019.jpg

ここ最近はプーさんが現れるらしいので、鈴を鳴らしながら二人並んで釣り上って行く。
が、やはり増水の為溯上もままならず、なかなか距離を進めない。
そしてもちろん釣果も・・・

かろうじて私が一匹上げることができた。
b0223953_023161.jpg

丁度活性が上がってきた感じ。
ただそれ以外は「アタリはあれど乗らず」のオンパレード。
相当に土、日にいじめられたんじゃないですか?

いったい、どなたですか?

naruさんの顔が「一色でボウズはありえん」と引き攣ってきた。

開田でボウズは普通なんだけどな・・・
でも確かにここは開田に比べても魚影が濃い、結構頻繁にフライを見に来たり、突きに来るのは確か。


私の見てないところでnaruさんも待望の一匹を上げたようだ。

その後、私が良型をバラした直後に大粒の雨が突然降り出した。
みるみる豪雨に。
これはヤバいと慌ててレインコートを着るも既にびしょ濡れ。
増水が怖いので併せて脱渓。
ここまでで二人そろって釣果は一匹ずつ。

もちろん二人とも納得していないのでイブニングに下流部で挑戦。
雨は止まないが、大増水にはなっていないので堰堤のプールに入る。
水面を雨粒が叩き続けて、とてもハッチは望めそうにない。
しかし・・・ライズが多い!
たぶん増水で流されている虫を食べているのか・・・
そしてやっと私がヒット!
サイズは20㎝ほど。
(逃亡されて写真は無し)
naruさんも大きいのをかけたが、バラシ!
もう雨と暗さでとてもティペットをアイに通せなくなって終了。

帰り道、naruさんと「これは納得できんな」で意見一致。
次回日曜日、再び庄川に立つ!


ことができるようにカミさん説得中(爆
[PR]
by skohno | 2013-08-07 00:27 | フライフィッシング