私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ラストスパート

今シーズンの渓流ももう一月を切り、
絶不調のまま終えるのもなんなんで、
と言う訳で今日は石徹白に行ってきました。
実のところ私はそんなにポイントを知らないので、日帰りで行くとなったら石徹白くらいしかないのです。

朝3時に家を出て、日の出前に石徹白川本流で釣りスタート。
b0223953_2293559.jpg

水量は若干少ないけどいい感じ。
b0223953_2295944.jpg

しかし反応はあるけどフッキングしない、という相変わらずのパターン。
「またかよ~ヽ(`Д´)ノ!」
このまま今年は終わるのかな・・・とイヤ~な予感を残し本流の釣りを8時には終了。
そのまま引き続いて峠川C&R区間最下流に入る。

一時間程釣り上がってやっと22センチイワナ一匹を上げることが出来た。
フライを「あーでもない、こーでもない」
と悩み、取っかえ引っ変え、出した結論はCDCダン#18。
スレている魚にはシンプルが一番かね。

残念ながら証拠写真を撮る前に逃亡。
でもまあボウズは逃れることができました、
が、その後は気温も上がり反応自体全く無くなってしまった。

こういう時はサッと諦める!
弁当食って昼寝!


3時頃に起きてスキー場駐車場に移動。
さすが平日、
9月とはいえ釣り人の車は私以外に二台しかいない。
通称:石徹白銀座もこの時間釣り上がっている人がいなかったので入らせてもらうことにした。

駐車場真下でいきなり20センチイワナがかかる、
「よしよし・・・」
もはやフライはCDCダン一択。
しかし流石のこのフライもプールで定位している魚には何故か効かない。
壁際をギリギリで流したらいきなり「ズンッ」とラインに重さを感じた。
でかい!
イワナなのはわかったが、まるでアマゴのようにローリングして暴れまくる、
「7X、切れないで~」と心の中で叫びながらしばし格闘の後ネットイン!

おお~でかい!
尺?
b0223953_22123466.jpg

サイズをメジャーで測ってみると29センチ。
何度測っても29センチ。
b0223953_2216060.jpg

ため息も出たが、実は私にとってはサイズ更新!
「泣き尺」とは言うけれど嬉しくないはずがない。


b0223953_22164184.jpg

駐車場まで帰る足も軽い、
「どうでした?」と声をかけられたフライマンに「ぼちぼちですね」
と生意気な返答をしてしまいましたが、内心はスランプ脱出が嬉しくてニヤつく表情を一生懸命抑えていました。
その後、また場所を変え、暗くなるまでイブニングをやっていましたが、こちらは連発するライズを仕留めることができず、まだまだ課題は残しました。
b0223953_22185775.jpg

来週の土、日はどこに行こうか思案中、
たぶん開田かな、やっぱりホームでいい結果を出したいですもんね~。


修理から直ってきたウェーダー、
やはりダメだ~
というか、外生地に空いたピンホールをふさがないと、内側にいくらパッチを貼ったって全然関係ないところから漏れてくるじゃん!(怒)
来年には買い替えだな・・・

ふと思いついた対策(穴が開く前の)

モンベルのウェーダーが何故4シーズンももったのか?、
いつも同じモンベルのネオプレーンゲーターを外に巻いていたのを思い出した。
カッコよさの点から今のウェーダーには使用してなかったが、買い換えたら実用第一でゲーター巻いて釣りしよう。
[PR]
by skohno | 2012-09-07 22:25 | フライフィッシング