私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

久々の渓は厳しかった

6月に2~3と連休で開田に泊まりで行こうと予定していたのだが、
仕事の為、諦めなくてはいけなくなった。

で、「釣りしたい」気持ちを開放させようと石徹白へ。

昨年行ってないので二年ぶりの石徹白、
平日なので釣り人の姿はちらほら。

まずは本流へ。
フッキングはしなかったけど、いきなり魚が飛びついてきた、
「お?いけるんでない~?」
しかし・・・その後もず~っと同じ状況が続く・・・
なんか完全に魚に遊ばれてる感じ。

フライを変えてみるも全く同じ。
しかし魚影の濃さはさすがの石徹白、
ここぞ、というポイントでは必ず魚がいる。
釣れないのは多分腕のせい・・・

昼過ぎは峠川C&R区間へ。
雨も降ってきたが虫のハッチが半端ない、
そこかしこでライズが。

こんなのも
b0223953_86494.jpg

手に止まったこいつを見たとき、思わず「でかっ!」

でも釣り自体は午前中とパターン変わらず苦戦、
だんだんイライラしてきてライントラブルも多発してきた。
C&Rに入って二時間ほど経ったとき、やっと待望の一匹!
b0223953_875829.jpg

流心に流したフライに綺麗に出てきてくれました。
尾びれの小さな、恐らくアマゴ園からの脱走兵君ですが、
苦労して釣り上げただけに喜びもひとしお。

この後は気温も下がり、虫の姿も見なくなってきたので17時にて終了。


相変わらずヘタッピには厳しい石徹白でしたが、休日を満喫できました。
[PR]
by skohno | 2012-05-29 08:16 | フライフィッシング