私の趣味を中心としてつれづれなるままの日常を書いていきます(ただの日記です)


by skohno
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

開田の夏

一か月ぶりの開田釣行でした。
くそ暑い名古屋を離れて二日間開田高原へ。

本当はこの二連休で友人と一緒に燕岳に登る予定だったのだけれど、友人が仕事の為キャンセル。

ただせっかくの二連休なので何もしないのはもったいない・・・という訳で急遽釣行決定。

前回と同様、電車+バスで開田入り。

さっそく近くの沢へ。
チビはかかるけど、大きいの釣れんなあ・・・
それに汗だらだら、なんじゃこの暑さは~!
といったところで、やっと23センチの良型がかかってくれました。
b0223953_19572391.jpg

写真を一枚撮ったところで逃亡される。
いったんネグラに帰って昼寝。
五時に目覚めてから今度はN川に。
イブニングのライズ狙いで、岩に座ってじ~っとライズが出るまで我慢。
ぽつぽつ出てきたのを見計らって竿を出す。

今回の一番サイズ、25センチ。
b0223953_2001897.jpg

b0223953_20165594.jpg

大分暗くなったところで撤収。
実は熊がかなり出ている、という情報を得ているので、正直ビビりが入って終了した、というのが事実。

そのまま、「やまゆり荘」に向かい、汗を流して帰宅。

本日。
朝6時に外に出てみると、霧雨が降っている。
若干だが霧もでていて、いい感じの天気。
今度はS川。
入渓してすぐに20センチが釣れる。
b0223953_2013973.jpg

b0223953_203485.jpg

え~と??君は誰?岩魚じゃないし、ブルック?ブラウン?
開田ではじめてこんなのを釣りました。

その後、24センチ岩魚。
この子もよく引きました。
b0223953_20141933.jpg

b0223953_20153666.jpg

今回の釣行では、いかにも夏の渓、というか、岩魚メインの釣果でしたが、フライもテレストリアル中心で♯8~12の大型によくかかりました。

お昼は毎回お世話になる「花猿亭」さんへ。
偶然に、以前石徹白で釣りをご一緒していただいた方と出会う。
先ほどの??君の写真を見せると、かつて開田でブルックだかブラウンだかを養殖していたペンションがあって、そこから逃げ出したものではないかな、というお話を頂く。
でももう5年以上前の話だから、多分岩魚との混血で自然繁殖しているんだろうね、と。
なるほど~。
追記:画像で見てみると「ブラウン」でしたね。

さらに花猿亭のご主人から熊情報を頂く。
数日前にN川でイブニングをしていたら親子熊に遭遇、クマスプレーで撃退した、という生々しいお話・・・ちなみにその場所とは・・・夕べ私がイブニングやってた場所なんですけど!!
花猿亭のすぐそばでも出没、日中でも安心はできないよって・・・

こんな話を聞いてしまったため、午後の釣りはビビりまくっていて、崖から石が落ちてきたりしたら心臓バクバクもの、早々に撤収してしまったのでした。

帰りの電車まで時間に余裕はあったのだけれど、最早気力を喪失してしまったのでした・・・

後になってから気が付いた、魚の写真ばかりで風景をちっとも撮っていなかった。
かろうじて一枚。
気持ちいい開田の空
b0223953_2010383.jpg

[PR]
by skohno | 2011-07-22 20:18 | フライフィッシング